« 白髪染めに初めて挑戦 | ホーム | スイブルスイーパーの仕様目的を口コミ »

2012年12月28日

ネット店舗の運営に携わって感じた事

よく言われる3C分析を通して、対策をしないといけないよね。

●僕らが、ライバル店舗よりも強い点、僕らの武器は何か。
●お客様が、僕らの扱うブランド購入時に不安に感じていることは何か。

それは、

○在庫リスクを許容できるキャッシュ
○偽物かなってこと

だから、返品保証キャンペーンを実施してみた。でも、返品本当にできるの?って、今度はそこに不安が移るだけだから、返品できるかって不安解消のために、サイトの透明感をだす。そのためが、運営者の顔だしだったり、手書きのお客様の声だったり、梱包時の風景であったり、検品作業の動画だったりするんだな。

あと返品保証期間も大切で1週間なのか1か月なのか1年なのかね。その場合には返品商品のヤフオクでの売却なども整えないといけない。これらを施した結果、12月1日からスタートさせた各店舗の返品保証キャンペーン。なかなか期待できる滑り出しでした。今までの平均CVRが店舗によって、2倍から5倍くらいになっているから、これで返品率が低ければ、継続施策としてもいいかもしれない。

●僕らが、ライバル店舗よりも強い点、僕らの武器は何か。
●お客様が、僕らの扱うブランド購入時に不安に感じていることは何か。

この2つを徹底的に絞り出して、バイマなどと比較されてもビクともしない強力なオファーを作り出す。まだまだ挑戦はこれからだけど、もっとお客様目線に立った時に、僕らグループが持つ武器を、お客様に対してどのような価値として提供、表現できるか、しっかり検討して活かしていく。

こんな感じで、新しい会社での新しい業務を頑張って行こうと思っています。

このブログ記事について

このページは、新米サラリーマンが2012年12月28日 16:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白髪染めに初めて挑戦」です。

次のブログ記事は「スイブルスイーパーの仕様目的を口コミ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。